コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋井先蔵 やい せんぞう

2件 の用語解説(屋井先蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

屋井先蔵 やい-せんぞう

1864*-1927 明治-大正時代の発明家。
文久3年12月生まれ。東京で職工をしながら,独力で電気時計を製作。ついで独自の乾電池を発明,明治18年独立して屋井乾電池を創業。26年シカゴ万国博でその性能の良さがみとめられ,日清(にっしん)・日露戦争では軍事通信に使用された。昭和2年6月死去。65歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

屋井先蔵

没年:昭和2.6(1927)
生年:文久3.12.5(1864.1.13)
明治時代の実業家,発明家。携帯可能な乾電池を考案し,世界に先駆けて実用化した。越後国(新潟県)長岡生まれ。生家は下級武士。明治8(1875)年上京し,神田の時計店に丁稚奉公して時計の修理技術を身につけ,動力を使わない自動機械の発明に魅せられ,独力で電気時計を発明。電池に興味を抱いて屋井乾電池合資会社を設立し,18年炭素棒をパラフィンで処理した独自の乾電池を発明した。25年シカゴで開かれた万国博覧会で屋井乾電池が地震計に使用され,その性能の良さが知られ,特許を出願。日清戦争で性能の良さが評判となり,日本の乾電池業界の覇権を握った。<参考文献>森本真一『電気を封じ込めた屋井先蔵

(関井光男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屋井先蔵の関連キーワード田熊常吉ベッセマー石井直治今井清次郎田村利七那須善右衛門西川甫曲田成真崎照郷水登勇太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屋井先蔵の関連情報