コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山上曹源 やまがみ そうげん

2件 の用語解説(山上曹源の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山上曹源 やまがみ-そうげん

1878-1957 明治-昭和時代の僧,仏教学者。
明治11年10月12日生まれ。インド,セイロン(スリランカ)に留学,サンスクリット,インド哲学をまなぶ。帰国後母校曹洞(そうとう)宗大(現駒沢大)教授,駒沢大学長などをつとめた。昭和32年3月21日死去。78歳。佐賀県出身。号は霊岳。著作に「仏教思想系統論」,訳書に「ミリンダ王問経」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山上曹源
やまかみそうげん
(1878―1957)

明治~昭和期の曹洞(そうとう)宗の僧。号は靈岳(れいがく)。佐賀県永寿(えいじゅ)寺の文珠智源(もんじゅちげん)について出家。上京して曹洞宗大学林に学び、海外研究生としてセイロン島(スリランカ)のコロンボとインドのカルカッタ大学で梵(ぼん)語、印度哲学を専攻、同大学で仏教思想系統論を講じ、1913年(大正2)に帰国。永寿寺および埼玉県の蓮光寺(れんこうじ)の住職ともなったが、曹洞宗大学(駒沢(こまざわ)大学)の昇格、機構整備に努め、のちに学長に任じられた。また駒沢高等女学校(駒沢学園)を創設し宗教教育に専念した。昭和32年3月21日80歳で入寂。[櫻井秀雄]
『山上貞編『逐浪隨波――山上曹源追悼録』(1957・神奈川新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山上曹源の関連キーワード足利浄円荒川文六伊江朝助岩城準太郎大森亮順木村日保小林倭子谷北無竹豊沢広助(7代)松村みね子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone