コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山下りん やました りん

3件 の用語解説(山下りんの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山下りん やました-りん

1857-1939 明治-大正時代の洋画家。
安政4年5月25日生まれ。ハリストス正教に入信し,明治13年イコン(聖像画)をまなぶためロシアに留学。日本初のイコン画家として,東京神田のニコライ堂ほか各地の正教会教会堂に多数の作品をのこした。昭和14年1月26日死去。83歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。工部美術学校中退。洗礼名はイリナ。代表作に「十二大祭図」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山下りん

没年:昭和14.1.26(1939)
生年:安政4.5.25(1857.6.16)
日本最初のイコン(聖母像)画家。常陸国(茨城県)に笠間藩士の娘として生まれる。生来絵が好きで,明治10(1877)年工部美術学校に入学。A.フォンタネージに師事する。この間ハリストス正教に入信しニコライから受洗。ニコライの命で同13年ロシアのペテルブルク女子修道院に留学しイコンを学ぶ。同16年帰国。のち35年にわたって東京駿河台のニコライ堂(1891年竣工)内に起居し,北海道から関東に至る各地の教会のためにイコンを描き続けた。現存する代表作に函館ハリストス教会の「十二大祭図」がある。画には西洋画の影響とともに東洋的な表情があり,彼女の信仰を物語っている。<参考文献>川又一英『われら生涯の決意』

(篠崎恭久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やましたりん【山下りん】

1857~1939) 画家。常陸ひたちの人。フォンタネージに学ぶ。ニコライから受洗。その命で、ロシア留学。帰国後、日本各地のハリストス正教会のために聖像画を多数描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山下りんの関連キーワードイコン国記聖母帝国劇場釜石キングコング大化常陸風土記最初の拒絶理由通知

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山下りんの関連情報