コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山代巴 やましろともえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山代巴
やましろともえ

[生]1912.6.8. 広島,栗生
[没]2004.11.7. 東京,杉並
小説家。女子美術専門学校を中退して工場に入り,サークル活動に参加中,夫とともに 1940年検挙され,第2次世界大戦後の 1945年8月まで拘禁された。この間に夫が獄死。日本共産党に入党,『蕗のとう』(1948)で認められ,長編『荷車の歌』(1955~56)により戦後農民文学金字塔を打ち立てた。その後も同じ傾向の創作活動を続け,『道くらけれど』(1963~64),『濁流をこえて』(1965~67),自伝的小説『囚われの女たち』(10巻,1980~86)などの著作がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山代巴 やましろ-ともえ

1912-2004 昭和後期-平成時代の小説家。
明治45年6月8日生まれ。労働運動家山代吉宗と結婚。昭和15年治安維持法違反で夫とともに検挙され,敗戦までを獄中でおくり,夫は獄死。戦後は郷里広島県で農村文化運動や,民話語り口をいかした創作にとりくむ。代表作に「荷車の歌」「囚(とら)われの女たち」。平成16年11月7日死去。92歳。女子美術専門学校(現女子美大)中退旧姓は徳毛(とくも)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やましろともえ【山代巴】

1912~2004) 小説家。広島県生まれ。東京女子美術専門学校中退。「荷車の歌」などで、農村女性の苦悩を民話風の語りで描く。作品、自伝的小説「囚われの女たち」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山代巴
やましろともえ
(1912―2004)

小説家。広島県生まれ。旧姓徳毛(とくも)。広島県立府中高女卒業後、上京して女子美術専門学校に入ったが、家運が傾いて中退。紙芝居や図案を描いて自立しながら工場生活者に近づき、1929年(昭和4)、四・一六事件で検挙。非転向を貫いて出獄した山代吉宗(よしむね)(1901―45)と知り、京浜工場街に家をもったが、40年、夫とともに検挙、第二次世界大戦敗戦までを獄中で送った。服役中、女囚たちとの交流から農家の女性への関心を深める。『蕗(ふき)のとう』(1948)以下、民話形式による農民像の形象化に成功、『荷車の歌』(1955~56)は戦後農民文学の代表作の一つ。『民話を生む人』(1958)ほかのエッセイや自伝的小説『囚(とら)われの女たち(1980~86)がある。[高橋春雄]
『『山代巴文庫 囚われの女たち』全10巻(1980~86・径書房) ▽『荷車の歌』(1990・径書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

山代巴の関連キーワード神野 ヒサコサークル活動日本共産党佐々木 隆鈴木 光枝丹野セツ文化座小説家長編語り入党荷車苦悩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山代巴の関連情報