コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口黒露(読み)やまぐち こくろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口黒露 やまぐち-こくろ

1686-1768* 江戸時代中期の俳人。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。山口素堂の門人。婿入り先を放蕩(ほうとう)で破産させ,生地の江戸をでて甲斐(かい)(山梨県)と東駿河(するが)(静岡県)にすんだ。国学,茶道に通じ,箏(そう)もよくした。明和4年12月10日死去。82歳。名は守常。別号に雁山,稲中庵。編著に「有渡(うど)日記」「駿河百韻」など。
【格言など】今はまで源氏もとしもみをつくし(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android