コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎紫紅 やまざき しこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎紫紅 やまざき-しこう

1875-1939 明治-大正時代の劇作家。
明治8年3月3日生まれ。「明星」の詩人として出発し,明治38年「上杉謙信」で劇作家に転じる。坪内逍遥(しょうよう)を師とし,「歌舞伎物語」「頼朝」などの史劇をかいた。のち横浜市会議員,神奈川県会議長などをつとめた。昭和14年12月22日死去。65歳。神奈川県出身。本名は小三。作品集に「七つ桔梗(ききょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山崎紫紅
やまざきしこう
(1875―1939)

劇作家、詩人。本名小三(しょうぞう)。横浜市生まれ。山手英語学校に学ぶ。青年時代『文庫』『明星』に新体詩を投稿して詩人として出発。1905年(明治38)史劇『上杉謙信』が伊井蓉峰(ようほう)らによって上演されてから劇作に向かい、『歌舞伎(かぶき)物語』を2世市川左団次一座が08年に上演、好評を博し、新史劇作家としての地位を確立した。ほかに『甕破柴田(かめわりしばた)』『破戒曽我(そが)』『底倉湯(そこくらのゆ)』『頼朝(よりとも)』など。坪内逍遙(しょうよう)を師と仰ぎ、漸進主義の立場で浪漫(ろうまん)的な詩情を盛り込んだ史劇作家として知られる。大正期以降は神奈川県会議長になるなど地方政界に活躍した。[藤木宏幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山崎紫紅の言及

【新歌舞伎】より

…この《桐一葉》への賛辞が劇文学者輩出の機運を高め,高安月郊(1869‐1944。《江戸城明渡》《桜時雨》など),山崎紫紅(1875‐1939),岡鬼太郎岡本綺堂らの多くの作品が登場する。これらの作品の特徴は,明治の団菊左や黙阿弥らが辛酸をなめつつ歌舞伎を変革改良しようとした方向ではなく,近代的思想もしくは人間像を歌舞伎の伝統的劇術を借りて表現しようとしたもので,その傾向は現在まで続いている。…

※「山崎紫紅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

山崎紫紅の関連キーワード新歌舞伎伊井蓉峰大正時代隅田川森律子

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android