コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山根有三 やまね ゆうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山根有三 やまね-ゆうぞう

1919-2001 昭和-平成時代の美術史家。
大正8年2月27日生まれ。山根翠堂の子。神戸大助教授をへて,昭和44年東大教授。55年群馬県立女子大教授。日本中世・近世の絵画史,とくに俵屋宗達尾形光琳(こうりん)の研究で知られる。雑誌「国華」の編集主幹もつとめた。平成12年文化功労者。華道真正(しんせい)流会長。平成13年5月22日死去。82歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「日本絵画史の研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山根有三の関連キーワード山根 有三喜多川相説本阿弥光悦長谷川等伯鈴木其一海北友雪酒井抱一池坊専好池坊専慶俵屋宗雪俵屋宗理深江蘆舟渡辺始興障屏画智積院琳派屏風

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山根有三の関連情報