コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山江[村] やまえ

世界大百科事典 第2版の解説

やまえ【山江[村]】

熊本県南部,球磨(くま)郡の村。人口4118(1995)。南西は人吉市に接する。南部は人吉盆地の一角を占めるが,北部は丘陵と九州山地で占められる。球磨川の支流万江(まえ)川,山田川が南流し,川沿いに耕地,集落が開ける。中世以降,相良氏の所領となり,近世にも相良氏の人吉藩領であった。主産業は農林業で,米,雑穀,タバコ,茶,プリンスメロンの栽培などが行われるほか,シイタケ,ワサビ,クリなど,豊富な山の幸を産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android