コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山添[村] やまぞえ

世界大百科事典 第2版の解説

やまぞえ【山添[村]】

奈良県北東部,山辺郡の村。人口5420(1995)。大和高原東部に位置し,東は名張川を挟んで三重県名張市と接し,名張川は支流を集めて北流する。西部には木津川の支流布目川が北流する。村域北東部は奈良時代には大安寺東大寺杣山(そまやま)とされていた。現在はプラスチック加工など工場の誘致も進められているが農業が主体で,特に茶園の拡張が図られている。西部にある神野(こうの)山(619m)はツツジの名所で,北東中腹には鍋倉渓奇勝もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山添[村]の関連キーワード皇族費五十鈴川福井地震

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android