コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山瀬春政 やませ はるまさ

3件 の用語解説(山瀬春政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山瀬春政 やませ-はるまさ

?-? 江戸時代中期の本草家。
稲生若水(いのう-じゃくすい)の門人で,紀伊(きい)和歌山の薬種商。日本沿海のクジラを研究し,宝暦10年(1760)わが国最古のクジラ専門書「鯨志」を刊行した。通称は梶取屋治右衛門(かんどりや-じえもん)。号は如水軒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山瀬春政

生年:生没年不詳
江戸中期,紀州の薬種商。わが国最初の版本となった鯨の専門書『鯨志』の著者。紀州国梶取村(和歌山市)生まれ。通称梶取屋治右衛門。本草学稲生若水に学び,宝暦10(1760)年に漢文の『鯨志』を刊行した。同書は鯨に関する総論と,南紀州の太地,古座などで実見した14種の鯨を正確に描写した各論からなる。のちにシーボルトの弟子岡研介によって蘭訳されたという。<著作>『鯨志』(三枝博音編『日本科学古典全書』11巻)<参考文献>福本和夫『日本捕鯨史話』

(伊藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山瀬春政
やませはるまさ

生没年不詳。江戸中期の本草(ほんぞう)学者、物産学者。紀州和歌山の人で、通称を梶取屋治右衛門(かんどりやじえもん)といい、如水軒と号した。稲生若水(いのうじゃくすい)の門人で、物産に詳しく、医術・薬舗などを業とした。彼の著『鯨志(げいし)』は1760年(宝暦10)に刊行され、日本のクジラ専門書中最古のものである。セミクジラ、ナガスクジラ、ザトウクジラ、コククジラ、マッコウクジラなど14種を、自己の実見から得た材料によって図示し、これに専門的な解説を加えたもので、それぞれの特徴をよく示している。岡研介(おかけんすけ)の『紀州産鯨(くじら)について』は本書を忠実にオランダ語に訳したもので、シーボルトP. F. B. von Seboldの日本のクジラに関する知見に役だったばかりでなく、その『日本動物志』の海獣部を担当したシュレーゲルHermann Schlegel(1804―1884)によっても参考とされた。[大村秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone