コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯨志 ゲイシ

デジタル大辞泉の解説

げいし【鯨志】

江戸中期の動物学書。1巻。梶取屋(かんとりや)治右衛門(山瀬春政)著。宝暦8年(1758)成立。同10年刊。鯨の名義と用途などを、挿絵入りで古来からの伝聞実地の観察の両面から論じたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鯨志【げいし】

日本で最初の鯨に関する専門書。和歌山の本草学者,薬種商山瀬春政(通称梶取屋治右衛門)の著書。1巻1冊。1760年刊。実地の見聞に基づいてクジラ14種を図示説明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げいし【鯨志】

日本で最初に版本となった鯨専門書。紀州和歌山の薬店主楫取屋治右衛門の著作。1巻1冊。1760年(宝暦10)刊。治右衛門は,姓は山瀬,名は春政,号は如水軒という。稲生若水に本草を学ぶ。治右衛門は紀州という地の利を得て,実見した資料を基に《鯨志》をつくった。本書は,はじめにクジラについて通論し,次いで14種のクジラを図説している。その図説はかなり動物学的に優れている。図は画工が,クジラを実見し,写生したものがもとになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げいし【鯨志】

図説。一巻。1760年刊。梶取屋治右衛門(山瀬春政)著。各種のクジラの図を掲げ名称・用途などを論ずる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鯨志の言及

【岡研介】より

…のち友人坪井信道のすすめで江戸に出る途次,大坂で同郷の先輩斎藤方策と会い,そのまま大坂に開業,郷里岩国侯に召されて大坂を去ったが,そのころから精神病を発して没した。著書に日本最初の生理学総論書《生機論》(1831成稿)や,シーボルトに提出した論文《紀州産鯨についての記述》(梶取屋治右衛門《鯨志》の蘭訳)がある。【宗田 一】。…

※「鯨志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鯨志の関連キーワード岡研介一巻

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android