コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸雀 えどすずめ

4件 の用語解説(江戸雀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸雀
えどすずめ

江戸の地誌。 12冊。近行遠通撰。延宝5 (1677) 年江戸で刊行。江戸見物の案内書で,その挿絵は浮世絵師菱川師宣の手になり,当時の風俗を知るうえで貴重な史料。また江戸で刊行された最も古い地誌の一つとしても重要。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えど‐すずめ【江戸×雀】

江戸市中の事情に通じていて、それをしゃべって回る者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えどすずめ【江戸雀】

江戸市中の事に精通し、それをしゃべり歩く人。 「むく鳥も毎年来ると-/柳多留 73

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸雀
えどすずめ

江戸の絵入り名所案内記。江戸での開板地誌としては最古。著者は不詳。画(え)は菱川(ひしかわ)吉兵衛(師宣(もろのぶ))。1677年(延宝5)大伝馬町鶴屋(つるや)喜右衛門刊。12巻12冊。地方から江戸へ出てきた人のための実用的な案内書で、江戸をいくつかの方角に分け、詳細に道順を記す。名所旧跡では、その由来と現状が述べてある。巻末に、大名屋敷、町、橋、寺社総数や里程もある。挿画は、元禄(げんろく)(1688~1704)以前の江戸の風俗史料としても貴重である。『江戸叢書(そうしょ)』『日本随筆大成』『近世文芸叢書』所収。[水江漣子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸雀の関連キーワード蝦夷志談林十百韻江戸風大句数京雀輿地誌略名奉行遠山の金さん〈2〉名奉行遠山の金さん〈5〉志村常仙万無

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone