コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸雀 えどすずめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸雀
えどすずめ

江戸の地誌。 12冊。近行遠通撰。延宝5 (1677) 年江戸で刊行。江戸見物の案内書で,その挿絵は浮世絵師菱川師宣の手になり,当時の風俗を知るうえで貴重な史料。また江戸で刊行された最も古い地誌の一つとしても重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えど‐すずめ【江戸×雀】

江戸市中の事情に通じていて、それをしゃべって回る者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えどすずめ【江戸雀】

江戸市中の事に精通し、それをしゃべり歩く人。 「むく鳥も毎年来ると-/柳多留 73

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸雀
えどすずめ

江戸の絵入り名所案内記。江戸での開板地誌としては最古。著者は不詳。画(え)は菱川(ひしかわ)吉兵衛(師宣(もろのぶ))。1677年(延宝5)大伝馬町鶴屋(つるや)喜右衛門刊。12巻12冊。地方から江戸へ出てきた人のための実用的な案内書で、江戸をいくつかの方角に分け、詳細に道順を記す。名所旧跡では、その由来と現状が述べてある。巻末に、大名屋敷、町、橋、寺社総数や里程もある。挿画は、元禄(げんろく)(1688~1704)以前の江戸の風俗史料としても貴重である。『江戸叢書(そうしょ)』『日本随筆大成』『近世文芸叢書』所収。[水江漣子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

江戸雀の関連キーワード杉浦日向子柳多留椋鳥

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android