コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田歌子 やまだ うたこ

美術人名辞典の解説

山田歌子

歌人・国学者。山田清安後妻。山城淀生。近衛家に仕え、歌道に秀でた。万延元年(1860)歿、51才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田歌子 やまだ-うたこ

1810-1860 江戸時代後期の歌人。
文化7年生まれ。山城(京都府)の人。近衛(このえ)関白家につかえ,香川景樹(かげき)にまなぶ。鹿児島藩の京都留守居役山田清安と結婚。藩主の後継をめぐるお由羅騒動で夫が切腹となったのち種子島(たねがしま)に流され,桂園派の歌をおしえて余生をおくった。万延元年8月7日死去。51歳。安政6年没とする説もある。
【格言など】吹く風も磯うつ波も心せよまだ里なれぬ旅の枕木(配流に際しての一首)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone