コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田真山 やまだ しんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田真山 やまだ-しんざん

1885-1977 大正-昭和時代の彫刻家,日本画家。
明治18年10月27日生まれ。彫刻を高村光雲,山田泰雲にまなび,泰雲の養子となる。画は小堀鞆音(ともと)にまなぶ。文展,帝展に入選。のち郷里の沖縄にかえり,伝統工芸の復興につくす。昭和32年から摩文仁(まぶに)の丘平和祈念像を制作。昭和52年1月29日死去。91歳。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は渡嘉敷(とかしき)兼慎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山田真山の関連キーワード昭和時代彫刻家

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android