コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山陽特殊製鋼 さんようとくしゅせいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山陽特殊製鋼
さんようとくしゅせいこう

新日鉄系の特殊鋼メーカー。 1933年創業の山陽製鋼所を前身とし,35年株式会社に改組して山陽製鋼となり,特殊鋼の製造にたずさわる。軍需に対応して規模を拡大,39年以降ボールベアリングレース材のクロム鋼の生産能力を拡張。第2次世界大戦後は 46年に事業再開,新たに鋳鋼,特殊鋳鋼を手がけ,53年軸受鋼の主体生産工場を増設,59年現社名に変更。特殊鋼専業で特に軸受鋼で約4割と高いシェアを占め,自動車用合金鋼や軸受パイプも優位性をもっている。売上構成比は,特殊鋼鋼材 67%,特殊鋼鋼管 24%,素形材7%,その他2%。年間売上高 851億 800万円 (連結。うち輸出 12%) ,資本金 201億 8200万円,従業員数 1911名 (1999) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

山陽特殊製鋼

正式社名「山陽特殊製鋼株式会社」。英文社名「Sanyo Special Steel Co., Ltd.」。鉄鋼業。昭和10年(1935)「山陽製鋼株式会社」設立。同34年(1959)現在の社名に変更。本社は兵庫県姫路市飾磨区中島。新日鉄系の特殊鋼製造会社。軸受け鋼の生産高トップクラス。鋼材のほか素形材も扱う。東京証券取引所第1部上場。証券コード5481。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

山陽特殊製鋼の関連キーワード金融商品取引法姫路(市)陽鋼物産荻野 一荻野一

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山陽特殊製鋼の関連情報