コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山黄櫨 ヤマハゼ

大辞林 第三版の解説

やまはぜ【山黄櫨】

ウルシ科の落葉小高木。西日本の山地に自生。葉は広披針形の小葉十数個からなる複葉で、秋の紅葉が美しい。ハゼノキに似るが、枝に短毛がある。古くは本種をハゼノキといった。ハジ。ハニシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山黄櫨 (ヤマハゼ)

植物。ウルシ科の落葉小高木,薬用植物。ヤマウルシの別称

山黄櫨 (ヤマハゼ)

学名:Rhus silvestris
植物。ウルシ科の落葉小高木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山黄櫨の関連キーワードハゼノキ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android