コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡尾正恵 おかお しょうえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡尾正恵 おかお-しょうえ

1614-1690* 江戸時代前期の書家。
慶長19年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)園城寺の尊悟僧正に書をまなび,尊円の青蓮院流の書法を会得。生涯独身をとおし,墓参以外外出もしなかったという。元禄(げんろく)2年12月21日死去。76歳。石見(いわみ)(島根県)浜田出身。通称は庄六。
【格言など】治国経済を旨とする身でもないのですから,儒学の書物には用がありませぬ(書物を読まない理由を知人に問われて)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡尾正恵の関連キーワード鈴木正真

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android