岡尾正恵(読み)おかお しょうえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡尾正恵 おかお-しょうえ

1614-1690* 江戸時代前期の書家。
慶長19年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)園城寺の尊悟僧正に書をまなび,尊円の青蓮院流の書法を会得。生涯独身をとおし,墓参以外外出もしなかったという。元禄(げんろく)2年12月21日死去。76歳。石見(いわみ)(島根県)浜田出身。通称は庄六。
【格言など】治国経済を旨とする身でもないのですから,儒学の書物には用がありませぬ(書物を読まない理由を知人に問われて)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android