コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩佐作太郎 いわさ さくたろう

2件 の用語解説(岩佐作太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩佐作太郎 いわさ-さくたろう

1879-1967 明治-昭和時代の社会運動家。
明治12年9月25日生まれ。アメリカへわたり幸徳秋水らと交流。大逆事件の際はアメリカから天皇に公開状をおくり抗議。大正3年に帰国し,アナーキズム運動に参加。昭和21年日本アナキスト連盟全国委員長。昭和42年2月12日死去。87歳。千葉県出身。東京法学院(現中央大)卒。著作に「革命断想」「アナーキストの回想」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩佐作太郎
いわささくたろう
(1879―1967)

アナキスト。千葉県に生まれる。東京法学院(中央大学の前身)卒業。1902年(明治35)渡米、社会主義者として活動し、06年幸徳秋水が渡米したのを機に社会革命党を結成した。10年大逆事件が起こると、これに抗議する「公開状」を日本に送った。18年(大正7)に帰国、しばらくしてアナキズム運動に参加。大杉栄らの死後はサンジカリズムを批判して「純正アナキズム」を唱えた。27年(昭和2)には中国に渡り、中国アナキズム運動とのつながりをもった。37年刊行の『国家論大綱』は岩佐の転向を示すものとみられる。戦後は49年(昭和24)日本アナキスト連盟を結成、委員長となるが、その分裂後、岩佐ら反サンジカリズム系の人々は日本アナキストクラブを結成した。[北河賢三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩佐作太郎の関連キーワード遠藤隆吉赤神良譲伊串英治井之口政雄太田可夫清水盛光武田良三竹中勝男橋浦時雄山岸巳代蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone