コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩合光昭 いわごう みつあき

2件 の用語解説(岩合光昭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩合光昭 いわごう-みつあき

1950- 昭和後期-平成時代の写真家。
昭和25年11月27日生まれ。父徳光の助手をつとめ,動物写真家の道をあゆむ。昭和55年「アサヒグラフ」連載の「海からの手紙」で木村伊兵衛賞,59年「セレンゲティ」で日本写真協会年度賞,60年「サバンナからの手紙」で講談社出版文化賞。東京出身。法大卒。写真集はほかに「おきて」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩合光昭
いわごうみつあき
(1950― )

動物写真家。東京都足立区生まれ。1973年(昭和48)法政大学経済学部卒業。大学在学中の1970年、動物写真家の父、岩合徳光(とくみつ)(1919―2007)の取材旅行に同行し、南アメリカのガラパゴス諸島と東アフリカの地を訪れて自然の驚異に圧倒され、自然を被写体にした写真家を志す。大学卒業と同時にフリーランスの写真家として活動を始め、以来、地球上のほとんどの地域で取材を行う。「自然の美は、自然そのもののなかにしかみいだせない。野生動物の美も、自然のなかにこそある」との考えから、自らを大自然のなかにおき、徹底的な生態研究と観察に基づき、被写体となる野生動物の姿を記録しつづける。77年最初の個展「ロッキーの動物たち」を東京・原宿のコンタックスサロンで開催。80年『アサヒグラフ』誌に連載された「海からの手紙」で木村伊兵衛写真賞を受賞する。
 1982~84年タンザニアのセレンゲティ国立公園に家族とともに移り住んで撮影を続け、『セレンゲティ』(1984)、『サバンナからの手紙』(1985)を出版。両書は85年の日本写真協会年度賞、講談社出版文化賞を受賞する。89年(平成1)、ザトウクジラを追ったハワイ―アラスカ間の取材のためビデオカメラを使用する。以後、野生動物の撮影にビデオカメラも使用し、写真集と並行してビデオソフトの制作を手がけるなど、多彩な展開をみせる。作品は『ナショナル・ジオグラフィック』National Geographic誌をはじめ海外でも多くのメディアに紹介され、高い評価を得る。
 1992年、個展「ネイチャー・ワールド 動物写真家岩合光昭の世界」を川崎市市民ミュージアム、西武百貨店(茨城県つくば市)、名鉄百貨店(名古屋市)ほかで開催。97年、笠間日動美術館(茨城県笠間市)ほかで個展「写真家 岩合光昭のスノーモンキー ニホンザルに見る日本の四季」を開催。野生動物の貴重な姿を永久に劣化させることなく記録に残すため、近年はデジタル・カメラによる撮影にも取り組む。
 おもな著書に『愛するねこたち』(1978)、『北極』(父徳光との共著。1978)、動物写真では珍しく全世界でベストセラーになった『おきて』(1986)、身近な動物に注目した『ニッポンの犬』(妻日出子との共著。1988)、『ペンギン大陸』(1992)、『ライオン家族』(1995)、『ニッポンの猫』『地中海の猫』(ともに2000)などがある。[関次和子]
『『愛するねこたち』(1978・講談社) ▽『セレンゲティ――アフリカの動物王国』(1984・朝日新聞社) ▽『サバンナからの手紙』(1985・朝日新聞社) ▽『おきて――アフリカ・セレンゲティに見る地球のやくそく』(1986・小学館) ▽『ペンギン大陸』(1992・小学館) ▽『ライオン家族』(1995・小学館) ▽『生きもののおきて』(1999・筑摩書房) ▽『ニッポンの猫』『地中海の猫』(ともに2000・新潮社) ▽『ホッキョクグマ』(2003・新潮社) ▽『猫さまとぼく』(2004・岩波書店) ▽岩合徳光・岩合光昭著『北極』(1978・講談社) ▽岩合光昭・岩合日出子著『ニッポンの犬』『スノーモンキー』(新潮文庫) ▽「ネイチャー・ワールド――地球に生きる」(カタログ。1997・東京都写真美術館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩合光昭の関連キーワード中平卓馬熊切圭介白川義員須田一政田原桂一冨成忠夫早崎治樋口健二松本徳彦山崎博

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩合光昭の関連情報