原宿(読み)はらじゅく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京都渋谷区東部,JR原宿駅周辺地区の通称。旧町名。かつて相模国から奥州へ行くための鎌倉街道宿駅があった。現在は高級住宅地および若者ファッションの発信地として有名。明治神宮表参道は,美しいケヤキ並木の遊歩道に沿って流行の飲食店やブティックが並び,独特の雰囲気をもち,若者に人気がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東京都渋谷区東部,山手線原宿駅付近の町名。高級住宅地で,第2次大戦前は華族屋敷が多かった。高級マンションや瀟洒(しょうしゃ)な商店が開け,若者に人気のあるファッションの町。
→関連項目森稔

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

東京都渋谷区東部の地名。行政上は神宮前および神南(じんなん)の一部にあたるが,範囲ははっきり限定できず,JR山手線原宿駅東側の一帯を漠然と指す。江戸時代初期,この付近を千駄ヶ原と称し,鎌倉街道の宿駅をおいたことから地名が起こったといわれる。江戸時代は武家屋敷寺院が並び,明治時代は華族の屋敷が多かった。明治神宮創建(1920)とともに表参道が通じ青山に向かってみごとなケヤキの並木道がつづく。第2次大戦前は日本で最初の本格的な集合住宅同潤会アパートのある通りとしても知られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

東京都渋谷区東部の地名。明治神宮から青山に至る表参道周辺一帯をいい、青山とともに近年、若者の街としてにぎわう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都渋谷区の中央部、山手(やまのて)線原宿駅付近をいう。相模(さがみ)国(神奈川県)から奥州へ通じる道の宿(しゅく)駅があったことが地名の由来という。明治神宮に続く代々木公園の地は、第二次世界大戦後アメリカ軍に接収されワシントンハイツとよばれた。その軍人相手の衣料店、土産(みやげ)物店などができたのをきっかけとして、現在はケヤキ並木の表参道を中心に流行の先端をいく店が並び、ファッションの街となった。原宿駅付近の竹下通りやそのわきの小路には、ブティック、アクセサリー店、カフェバーなどが建ち並び、クレープやアイスクリームが各種売られ、20歳前の若者でにぎわう。近くにNHK放送センター、代々木競技場がある。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

東京都渋谷区神宮前・千駄ケ谷付近の旧地名。また、JR原宿駅付近一帯の通称。明治時代は華族の屋敷が多かった。駅の西側には明治神宮があり、旧陸軍の代々木練兵場の跡地に国立屋内総合競技場・NHK放送センターなどがある。若者の集まる繁華街として有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原宿の関連情報