コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩淵悦太郎 イワブチエツタロウ

デジタル大辞泉の解説

いわぶち‐えつたろう〔いはぶちエツタラウ〕【岩淵悦太郎】

[1905~1978]国語学者。福島の生まれ。東大卒。国立国語研究所所長、国語学会代表理事、国語審議会委員などを務め、当用漢字表の改革などに貢献。著作に「国語史論集」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩淵悦太郎 いわぶち-えつたろう

1905-1978 昭和時代の国語学者。
明治38年12月14日生まれ。一高教授などをへて国立国語研究所にはいり,昭和35年所長。国語学会代表理事,国語審議会委員などをつとめる。現代語の科学的研究,当用漢字表の改革などにつくした。昭和53年5月19日死去。72歳。福島県出身。東京帝大卒。著作に「現代日本語」「語源散策」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岩淵悦太郎の関連キーワード日露戦争史(年表)[各個指定]芸能部門ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)平岩弓枝[各個指定]工芸技術部門オルト記録文学サーカス大場久美子

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone