コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立国語研究所 こくりつこくごけんきゅうじょ

6件 の用語解説(国立国語研究所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国立国語研究所
こくりつこくごけんきゅうじょ

国語および国民の言語生活に関する科学的調査研究を行ない,あわせて国語の合理化の確実な基礎を築くために設置された研究所で,文化庁所管の独立行政法人。 1948年 12月発足,1968年文化庁設置に伴いその付属機関となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こくりつ‐こくごけんきゅうじょ〔‐コクゴケンキウジヨ〕【国立国語研究所】

国民の言語生活や外国人への日本語教育についての調査・研究機関。昭和23年(1948)設立。平成13年(2001)独立行政法人に移行。平成21年(2009)独立行政法人を解散し、大学共同利用機関法人人間文化研究機構に移管。東京都立川市にある。国研。国語研。NINJAL(ニンジャル)(National Institute for Japanese Language and Linguistics)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国立国語研究所【こくりつこくごけんきゅうじょ】

国語国字問題の合理的解決の進展のために,〈国語および国民の言語生活に関する科学的調査研究〉を行う文部省(現,文部科学省)の直轄機関として1948年設立。2001年に独立行政法人に移行。
→関連項目文化庁文部省

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こくりつこくごけんきゅうじょ【国立国語研究所】

1948年の国立国語研究所設置法の公布をもって創設された研究機関。目的は同法1条に〈国語及び国民の言語生活に関する科学的調査研究を行い,あわせて国語の合理化の確実な基礎を築くために,国立国語研究所を設置する〉と規定され,その目的を達するために2条に〈(1)現代の言語生活及び言語文化に関する調査研究。(2)国語の歴史的発達に関する調査研究。(3)国語教育の目的,方法及び結果に関する調査研究。(4)新聞における言語,放送における言語等,同時に多人数が対象となる言語に関する調査研究〉等の調査研究を行うことになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こくりつこくごけんきゅうじょ【国立国語研究所】

国語および国民の言語生活に関する科学的調査研究を行い、あわせて国語合理化の確実な基礎を築くことを目的とする文化庁所轄機関。1948年(昭和23)設立。76年外国人に対する日本語教育のための「日本語教育センター」を設置。2001年(平成13)独立行政法人に移行。東京都立川市にある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国立国語研究所
こくりつこくごけんきゅうじょ

大学共同利用機関法人人間文化研究機構の機関。もとは国立国語研究所設置法(昭和23年法律第254号)に基づき、1948年(昭和23)に設立された文部省(現文部科学省)所轄の、いわゆる国語問題の解決に資するために設けられた研究機関である。のち、1968年の文化庁設置に伴い文化庁附属機関となり、2001年(平成13)に独立行政法人、2009年から大学共同利用機関法人人間文化研究機構の機関となる。国立国語研究所設置法(1984年、国立国語研究所組織令となる)は、〔1〕現代の言語生活および言語文化、〔2〕日本語の歴史的発達、〔3〕国語教育の目的・方法とその結果、〔4〕マスコミにおける言語の調査を行い、これに基づいて(1)国語施策のための参考資料を作成し、(2)日本語研究資料の作成・保存とその提供に資し、(3)現代語辞典・方言辞典・歴史的国語辞典その他の研究成果の編集・刊行を行うことを規定していた。日本語教育センター(現、日本語教育基盤情報センター。外国人に日本語を普及するための研究・教育機関)を併設し、研究活動が行われた。現在は国語および国民の言語生活、外国人に対する日本語教育に関する科学的な調査・研究ならびにこれに基づく資料の作成・公表等を行うことにより、国語の改善と外国人に対する日本語教育の振興を図ることを目的とし、国語学、言語学、言語心理学言語社会学、国語教育学などの多角的研究を進め、統計的方法コンピュータの導入による大量語彙(ごい)の調査などによって成果を提供している。1948年の設置以来、報告書、資料集、論集など数多くを刊行し、『日本語教育年鑑』『国語年鑑』を編んでいる(どちらも2008年終刊)。職員数55(2010)、所在地は東京都立川市緑町10-2。[林 巨樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立国語研究所の関連キーワード国立学校設置法西尾実岩淵悦太郎NLRI国研国語研NINJAL林大国語研究所釘本久春

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国立国語研究所の関連情報