コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩躑躅 イワツツジ

デジタル大辞泉の解説

いわ‐つつじ〔いは‐〕【岩躑躅】

ツツジ科の落葉低木。高さ約15センチ。葉は茎の先に集まって互生し、広卵形。夏、淡紅色の釣鐘形の小花が咲き、果実は丸く、10月ごろ赤く熟し、食べられる。本州中部から北に分布。
岩や石のほとりに咲いているツツジ。特に和歌で、「言はねば」を導く序詞として用いる。
「思ひ出づる常磐の山の―言はねばこそあれ恋しきものを」〈古今・恋一〉
襲(かさね)の色目の名。表は紅、裏は紫。冬と春に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわつつじ【岩躑躅】

ツツジ科の落葉低木。本州中部以北の寒地に広く分布。長い地下茎を伸ばして繁殖する。初夏、淡紅白色の小さな鐘状花を茎頂に二、三個つける。果実は球形で鮮紅色。
山地や岩の間のツツジ。ヤマツツジ。 「思ひいづるときはの山の-いはねばこそあれこひしきものを/古今 恋一
かさねの色目の名。表は紅、裏は紫。春に用いる。
レンゲツツジの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

岩躑躅 (イワツツジ)

学名:Vaccinium praestans
植物。ツツジ科の落葉小低木,高山植物

岩躑躅 (イワツツジ)

植物。蓮華躑躅の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

岩躑躅の関連キーワードレンゲツツジヤマツツジ鐘状花広卵形ツツジ常磐小花和歌色目球形寒地山地弄び序詞

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android