コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸本五兵衛 きしもと・ごへえ

朝日日本歴史人物事典の解説

岸本五兵衛

没年:昭和2(1927)
生年:天保8.2(1837)
幕末から明治大正期の大阪の肥料商,海運業者。播磨国加東郡下東条村(兵庫県小野市)の農家に生まれ,20歳のとき大坂に出て,廻漕業者赤穂屋に奉公,慶応2(1866)年主家の後援を得て,北海産荷受問屋を開業,河内屋と号した。北海産物にはニシン粕など,河内綿作地帯を中心に農業で使われる肥料が多く,河内屋はこの肥料業を兼営し,財をなした。明治17(1884)年家督を譲り受けた長男の2代目五兵衛(1864~1915)は,明治19年汽船を購入して,廻漕業・海運業に乗り出し,日清・日露戦争時に莫大な利益を挙げ,明治41年岸本汽船株式会社を創立,社長となった。明治28年には大阪実業銀行監査役にも就任した。<参考文献>宮本又次『大阪商人太平記』上

(宮本又郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

岸本五兵衛の関連キーワード岸本五兵衛(2代)宮本又次

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android