コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸本忠三 きしもとただみつ

2件 の用語解説(岸本忠三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岸本忠三
きしもとただみつ

[生]1939.5.7. 大阪
免疫学者。大阪大学卒業後アメリカへ留学,帰国後大阪大学細胞工学センター教授を経て 1995年同大学医学部長,1997年同大学学長。アメリカ留学中の 1972年,T細胞の培養液中に抗体産生を促す物質があることを発見,1986年にはこの物質が 184アミノ酸残基からなる蛋白質であることを突き止めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸本忠三 きしもと-ただみつ

1939- 昭和後期-平成時代の免疫学者。
昭和14年5月7日生まれ。54年阪大教授となり,平成9年総長。インターロイキン6を発見し,その働きを研究する。4年学士院恩賜賞,7年学士院会員,10年文化勲章。15年ドイツのロベルト・コッホゴールドメダル,21年スウェーデンのクラフォード賞受賞。23年「インターロイキン6の発見から疾患治療への応用」で平野俊夫とともに日本国際賞。大阪出身。阪大卒。編著に「免疫学」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸本忠三の関連キーワード恐怖映画日活(株)緑簾石角閃岩相DA40電気事業源氏物語アップルトンイシャウッド九州大学ソ・フィン戦争

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岸本忠三の関連情報