峰地光重(読み)みねじ みつしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

峰地光重 みねじ-みつしげ

1890-1968 大正-昭和時代の教育者。
明治23年7月8日生まれ。東京の私立池袋児童の村小学校などで生活綴方(つづりかた)教育をおこなう。昭和2年鳥取県上灘(うわなだ)小学校の校長となり,郷土教育,生産教育を実践。17年綴方運動弾圧により退職した。戦後の27年教職に復帰。著作集18巻がある。昭和43年12月28日死去。78歳。鳥取県出身。鳥取師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android