コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津忠廉 しまづ ただかど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津忠廉 しまづ-ただかど

?-1491 室町時代の武将。
豊州家(ぶしゅうけ)島津氏2代。大隅(おおすみ)(鹿児島県)帖佐の瓜生野(うりゅうの)城主。文明17年(1485)の島津氏と伊東氏の戦いののち,島津忠昌に派遣されて日向(ひゅうが)(宮崎県)飫肥(おび)城主となる。宗祇(そうぎ)から「古今和歌集」「伊勢物語」の講義をうけ,桂庵玄樹朱子学をまなんだ。延徳3年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島津忠廉の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android