コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津歳久 しまづ としひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津歳久 しまづ-としひさ

1537-1592 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)6年生まれ。島津貴久(たかひさ)の3男。薩摩(さつま)(鹿児島県)祁答院(けどういん)領主。天正(てんしょう)15年豊臣秀吉の九州攻めで兄義久は降伏したが,歳久は最後まで抵抗。20年梅北国兼(うめきた-くにかね)が肥後(熊本県)佐敷でおこした梅北一揆(いっき)に,歳久の家臣がおおく加担していたため秀吉の怒りをかい,同年7月18日自刃(じじん)させられた。56歳。通称は金吾。号は晴蓑。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

島津歳久の関連キーワード伊作城

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島津歳久の関連情報