島津歳久(読み)しまづ としひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津歳久 しまづ-としひさ

1537-1592 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)6年生まれ。島津貴久(たかひさ)の3男。薩摩(さつま)(鹿児島県)祁答院(けどういん)領主。天正(てんしょう)15年豊臣秀吉の九州攻めで兄義久は降伏したが,歳久は最後まで抵抗。20年梅北国兼(うめきた-くにかね)が肥後(熊本県)佐敷でおこした梅北一揆(いっき)に,歳久の家臣がおおく加担していたため秀吉の怒りをかい,同年7月18日自刃(じじん)させられた。56歳。通称は金吾。号は晴蓑。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島津歳久の関連情報