コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐富之助(初代) あらし とみのすけ

1件 の用語解説(嵐富之助(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐富之助(初代) あらし-とみのすけ

1720-1766 江戸時代中期の歌舞伎役者。
享保(きょうほう)5年生まれ。3代嵐三右衛門の門弟で,享保の末から江戸で活躍。若女方として傾城(けいせい),奥方,世話女房の役を得意とした。富之助の名は幕末まで4代つづくが,初代のみ有名。明和3年6月9日死去。47歳。俳名は三夕(さんせき)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嵐富之助(初代)の関連キーワード浮世草子中興俳諧明和事件藤井右門気質物メーザー気質物バロック音楽島精機製作所鳥辺山

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone