コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川合小梅 かわい こうめ

4件 の用語解説(川合小梅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川合小梅 かわい-こうめ

1805*-1889 江戸後期-明治時代の画家。
文化元年12月22日生まれ。漢学を祖父に,和歌を母にまなぶ。画は松亭,のち野際白雪に師事した。長期にわたる日記をかきのこし,嘉永(かえい)2年(1849)から明治18年までのものが「小梅日記」として刊行された。幕末維新に生きた庶民の生活記録として貴重な史料とされる。明治22年11月2日死去。86歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

川合小梅

没年:明治22.11.2(1889)
生年:文化1.12.22(1805.1.22)
幕末明治期,紀州(和歌山)藩の儒者川合鼎と妻辰子の娘。儒者梅本修(豹蔵)と養子縁組して一子雄輔を儲ける。漢学を祖父春川に,和歌を母辰子に学び,絵は画師松亭に,のち野際白雪(野呂介石の門人)に師事。家人の仕事を助け,絵を画き,家事にいそしむかたわら膨大な日記を書き残し,その約3分の1に当たる嘉永2(1849)年から明治18(1885)年のものが『小梅日記』(東洋文庫)として発刊されている。激動する幕末維新の流れのなかに身をおきつつも,直接参与することのなかった地方の一主婦の目で冷静に捕らえた時代の動きが淡々と綴られていて,貴重な歴史の証言たり得ている。

(本田和子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かわいこうめ【川合小梅】

1804~1889) 幕末・明治期の画家。紀州藩校督学川合梅所の妻。激動期の社会の姿や身辺の雑事を四〇年にわたって記した「小梅日記」は貴重な史料とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川合小梅
かわいこうめ
(1804―1889)

江戸末期、紀州藩の藩校学習館督学(学長)川合梅所(ばいしょ)の妻で女流画家。彼女の名は、彼女が幕末期から明治前期の激動期に、当時の政治動向や社会状勢、日常生活などを克明に描いた日記によって知られている。文化(ぶんか)元年12月22日、学習館助教川合鼎(かなえ)と辰子の間に生まれ、梅本修(通称豹蔵(ひょうぞう)、梅所と号す)と養子縁組した。彼女の日記の原本は、1849年(嘉永2)から85年(明治18)まで、途中散逸した年も少なくないが、和歌山県立図書館に保存されており、これを底本に、志賀裕春(やすはる)・村田静子の校注になる『小梅日記』3冊が「東洋文庫」のシリーズで刊行され、幕末維新の激動期を生き抜いた一女性の記録として、女性史研究ならびに当時の地方の社会状勢を研究するうえで貴重な史料とされる。[加藤榮一]
『志賀裕春・村田静子校注『小梅日記』全3巻(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川合小梅の関連キーワード和歌山大学紀州レンジャーズ和歌山タカシマヤ井口蘭雪川合春川木村奉尹渋谷幽軒瀬見善水竹内長水紀州灘

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川合小梅の関連情報