コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川尻清潭 かわじり せいたん

2件 の用語解説(川尻清潭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川尻清潭 かわじり-せいたん

1876-1954 明治-昭和時代の演劇評論家。
明治9年8月1日生まれ。川尻宝岑(ほうきん)の養子。三木竹二主宰の「歌舞伎」に型の記録や芸談を寄稿,のち「演芸画報」などに執筆した。大正14年東京歌舞伎座監事室室長。昭和29年12月14日死去。78歳。東京出身。商業素修学校卒。名は義豊。別号に忘路庵。著作に「楽屋風呂」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かわじりせいたん【川尻清潭】

1876‐1954(明治9‐昭和29)
歌舞伎研究家。本名義豊。別号忘路庵(ぼうろあん),大愚堂(だいぐどう),司馬江猿(しばこうえん)など。東京浅草の生れで,養父は劇作家川尻宝岑(ほうきん)。幼少より芝居に親しみ,商業素修学校を卒業後,雑誌《歌舞伎》《演芸画報》等に型の記録・芸談・逸話・鑑賞手引などを寄稿。1925年からは松竹の嘱託として東京歌舞伎座の監事室に勤務,晩年まで豊富な知識が重宝がられた。しばしば古劇を補綴し,舞踊劇も多く執筆。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川尻清潭の関連キーワード吉沢義則吉田博水交社山崎今朝弥煙山専太郎川越壮介慶松勝左衛門笹野雄太郎高村真夫三宅鉱一

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone