コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川尻清潭 かわじり せいたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川尻清潭 かわじり-せいたん

1876-1954 明治-昭和時代の演劇評論家。
明治9年8月1日生まれ。川尻宝岑(ほうきん)の養子。三木竹二主宰の「歌舞伎」に型の記録や芸談寄稿,のち「演芸画報」などに執筆した。大正14年東京歌舞伎座監事室室長。昭和29年12月14日死去。78歳。東京出身。商業素修学校卒。名は義豊。別号に忘路庵。著作に「楽屋風呂」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かわじりせいたん【川尻清潭】

1876‐1954(明治9‐昭和29)
歌舞伎研究家。本名義豊。別号忘路庵(ぼうろあん),大愚堂(だいぐどう),司馬江猿(しばこうえん)など。東京浅草の生れで,養父は劇作家川尻宝岑(ほうきん)。幼少より芝居に親しみ,商業素修学校を卒業後,雑誌《歌舞伎》《演芸画報》等に型の記録・芸談・逸話・鑑賞手引などを寄稿。1925年からは松竹嘱託として東京歌舞伎座の監事室に勤務,晩年まで豊富な知識が重宝がられた。しばしば古劇を補綴し,舞踊劇も多く執筆。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

川尻清潭の関連キーワード石川 潭月昭和時代蛇柳

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android