川島 正次郎(読み)カワシマ ショウジロウ

20世紀日本人名事典「川島 正次郎」の解説

川島 正次郎
カワシマ ショウジロウ

昭和期の政治家 衆院議員(自民党);自民党副総裁;専修大学総長。



生年
明治23(1890)年7月10日

没年
昭和45(1970)年11月9日

出生地
千葉県市川市

学歴〔年〕
専修大学経済科〔大正3年〕

経歴
内務省、東京日日新聞記者、後藤新平東京市長秘書を経て、昭和3年の総選挙で政友会から初当選。以来千葉1区から連続14期。戦時中は大日本政治会情報部長。30年鳩山内閣の自治庁・行政管理庁長官、36年北海道開発庁・行政管理庁長官、37年池田内閣の五輪担当大臣。この間34年自民党幹事長に就任し、川島派を率いて河野一郎大野伴睦と共に党の指導者として君臨、39年から副総裁を務めた。池田内閣誕生、佐藤総裁4選工作の際の手腕は“政界の寝技師”と評された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「川島 正次郎」の解説

川島 正次郎
カワシマ ショウジロウ


肩書
衆院議員(自民党),自民党副総裁,専修大学総長

生年月日
明治23年7月10日

出生地
千葉県市川市

学歴
専修大学経済科〔大正3年〕卒

経歴
内務省、東京日日新聞記者、後藤新平東京市長秘書を経て、昭和3年の総選挙で政友会から初当選。以来千葉1区から連続14期。戦時中は大日本政治会情報部長。30年鳩山内閣の自治庁・行政管理庁長官、36年北海道開発庁・行政管理庁長官、37年池田内閣の五輪担当大臣。この間34年自民党幹事長に就任し、川島派を率いて河野一郎・大野伴睦と共に党の指導者として君臨、39年から副総裁をつとめた。池田内閣誕生、佐藤総裁四選工作の際の手腕は“政界の寝技師”と評された。

没年月日
昭和45年11月9日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「川島 正次郎」の解説

川島 正次郎 (かわしま しょうじろう)

生年月日:1890年7月10日
昭和時代の政治家。衆院議員(自民党);自民党副総裁
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android