コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠信太郎 りゅうしんたろう

4件 の用語解説(笠信太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠信太郎
りゅうしんたろう

[生]1900.12.11. 福岡
[没]1967.12.4. 茅ヶ崎
ジャーナリスト,経営学者。 1925年東京商科大学卒業後,大原社会問題研究所研究員を経て,35年朝日新聞社に入社,論説委員,西欧特派員,論説主幹,常務取締役を歴任。 48~62年の 15年間,第2次世界大戦後の日本の政治,経済の重要課題についてオピニオン・リーダーとして活躍,特に講和条約問題 (1952) では全面講和を,安保条約問題 (60) では条約改正を支持する論陣を張った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠信太郎 りゅう-しんたろう

1900-1967 昭和時代のジャーナリスト。
明治33年12月11日生まれ。大原社会問題研究所から,昭和11年東京朝日新聞社にはいり,論説委員となる。昭和研究会に参画。15年ヨーロッパ特派員としてドイツにわたる。23年論説主幹,のち常務をつとめ,講和・安保改定問題ほか幅ひろい評論活動で知られた。昭和42年12月4日死去。66歳。福岡県出身。東京商大(現一橋大)卒。幼名は与三郎。著作に「ものの見方について」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうしんたろう【笠信太郎】

1900‐67(明治33‐昭和42)
ジャーナリスト。福岡市生れ。東京商大(現,一橋大)卒業。大原社会問題研究所を経て1936年《朝日新聞》入社,論説委員。近衛内閣ブレーンといわれる昭和研究会の中心メンバーとなる。40年から特派員としてドイツ,のちスイスに滞在。48年帰国,論説主幹。のち取締役,常務取締役を兼ねた。60年安保では7社共同声明を提案し,文案を書いた。62年辞任,顧問。著書に《ものの見方について》(1950)など。《笠信太郎全集》全8巻(1968‐69)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠信太郎
りゅうしんたろう
(1900―1967)

ジャーナリスト。明治33年12月11日福岡県生まれ。東京商科大学(現、一橋大学)卒業後、大原社会問題研究所に入り、経済問題の研究にあたる。1936年(昭和11)1月、緒方竹虎(おがたたけとら)の推薦で朝日新聞社に入社、論説委員として経済問題を担当。この間、1939年に出版した『日本経済の再編成』は高い評価を受けた。一方、近衛文麿(このえふみまろ)のブレーンといわれた昭和研究会の有力メンバーとしても活躍した。1940年ドイツ特派員として出国、スイスで敗戦を迎え、1948年(昭和23)帰国するまで欧州各国の実状を日本へ伝えた。帰国後、論説主幹、常務取締役を歴任、『朝日新聞』の良識を代表する人物として重きをなしたが、1962年辞任、顧問に退いた。学者から新聞記者、さらに晩年は日本の前途を憂える啓蒙(けいもう)的思想家というのが笠の歩いた道であった。昭和42年12月4日死去。著書には『新しい欧洲(おうしゅう)』『ものの見方について』『西洋と日本』『花見酒の経済』『日本の姿勢』『事実を視(み)る』などがある。[高須正郎]
『『笠信太郎全集』全8巻(1968~1969・朝日新聞社) ▽『ものの見方について』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の笠信太郎の言及

【大原社会問題研究所】より

…大原は初代所長高野岩三郎を信頼して,20年にわたって私財を投じつづけた。高野のもとに,櫛田民蔵,大内兵衛,森戸辰男,久留間鮫造,細川嘉六,笠信太郎らが所員となり,研究嘱託の長谷川如是閑ほか多くの研究者が参加し,日本の社会科学研究・社会調査に大きな貢献をした。アナーキズム文献では世界有数の〈エルツバッハ文庫〉や,年鑑編集のため社会運動団体の原資料などを収集したほか,講習会や研究生の育成も行った。…

※「笠信太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

笠信太郎の関連キーワード樽野武雄階乗合同NエヌNかMかN末端残基大坪草二郎Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠信太郎の関連情報