コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市女 イチメ

世界大百科事典 第2版の解説

いちめ【市女】

市に現れる女の商人。平安時代には都の東・西市人(いちびと)とともに,政府の買上品や,余剰物資の売却品の取扱いに従事したが,東・西市が衰微するに従い,私商人化した。彼女らがかぶる独特な形をした,晴雨兼用のかぶり市女笠という。平安末期に流行した装飾経の一つ,〈扇面法華経冊子〉の下絵に,市女笠をかぶった市女らしい女性が,京の町に並ぶ店頭に立ち寄っている姿が活写されている。古文献にみられる販女(販婦)(ひさぎめ)は,市女が公的性格を失ったのちも,営みつづけたと思われる女性行商人のことである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちめ【市女】

市で物をあきなう女。 「徳町といふ-の富めるあなり/宇津保 藤原君

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

市女の関連キーワードウラベニホテイシメジ(裏紅布袋占地)こきりこ(小切子∥筑子)イチメガサクラゲ壺装束・壷装束虫の垂れ衣・帔イチメガサ下北未来塾水谷 キワ枲の垂れ衣霧降高原女方遺跡虫の垂衣女山大根鉄尖晶石小切子踊枲の垂衣川村 寛壺装束綾子舞杓子舞

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市女の関連情報