コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扇面法華経冊子 せんめんほけきょうさっし

3件 の用語解説(扇面法華経冊子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扇面法華経冊子
せんめんほけきょうさっし

12世紀中頃の作。風俗画や花鳥画を描いた扇紙 (→扇面画 ) を2つ折りにし,背中を張合せて冊子に作り,表裏に経文を書写した大阪四天王寺伝来の装飾経。『法華経』8巻に『観普賢経』『無量義経』を合せて 10帖とし,各帖の表紙には十羅刹女を女房姿で1体ずつ描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

扇面法華経冊子【せんめんほけきょうさっし】

平安時代末につくられた装飾経の一つ。《扇面古写経》ともいう。切箔(きりはく)などを散らし,彩色画を施した扇面形の料紙に,《法華経》を写し,粘葉(でっちょう)装にして冊子にしたもの。
→関連項目四天王寺装飾経

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんめんほけきょうさっし【扇面法華経冊子】

平安末期の装飾経の一つ。下絵が施された扇紙に経文を書き写し,和装の十羅刹女像を描いた表紙を加えて粘葉(でつちよう)綴じの冊子に仕立てたもの。他に例をみない形式で,《扇面古写経》とも呼ばれる。もとは法華経8巻と開結経2巻の合わせて10帖だったが,現在は四天王寺に5帖,東京国立博物館に1帖のほか,断簡が各地に伝わる。扇紙はいずれも雲母(きら)引きとし,金銀の切箔を散らす。さらに,貴族やそれに仕える男女の風俗や自然の景物を木版で刷ったり墨描きしたり,あるいは両者を組み合わせたのちに彩色を加えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の扇面法華経冊子の言及

【扇面画】より

…平安時代,貴族たちはこれらの扇に競って美しい絵を施し,扇合(おうぎあわせ)なども行われた。現存する檜扇絵の遺例として,厳島神社蔵の《歌絵檜扇》などがあり,蝙蝠扇絵としては,四天王寺に伝わる《扇面法華経冊子》などがある。檜扇は儀礼用としてわずかに存続したのに対し,蝙蝠扇は広く用いられ,そこに描かれる絵も扇面形式を生かした独特の構図法を発展させ,絵画の一形式としてすぐれた遺品を生み出した。…

※「扇面法華経冊子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

扇面法華経冊子の関連キーワード装飾経タンパン市女小柄扇面写経扇面法華経手挟みトルジニーコロナーダポポロ門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

扇面法華経冊子の関連情報