コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川宗三郎(初代) いちかわ そうざぶろう

1件 の用語解説(市川宗三郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川宗三郎(初代) いちかわ-そうざぶろう

1687-1752 江戸時代中期の歌舞伎役者。
貞享(じょうきょう)4年生まれ。江戸の初代市川団十郎に入門。生地の大坂にもどり,惣三郎と宗三郎をつかいわけ,荒事(あらごと),悪人方で活躍。享保(きょうほう)16年からは宗三郎の名で江戸で出演,江戸随一の実悪(じつあく)役者と称された。宝暦2年5月11日死去。66歳。初名は市川勝五郎。俳名は和尉。屋号は河内屋

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市川宗三郎(初代)の関連キーワード談義本ナッシュ滑稽本山県周南山県周南山県周南岡清兵衛波の伊八飯田口説亀田鵬斎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone