コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市法売買 しほうばいばい

2件 の用語解説(市法売買の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市法売買
しほうばいばい

寛文 12 (1672) ~貞享2 (85) 年の間に施行された長崎における対外貿易法の一つ。明暦1 (1655) 年,江戸幕府は糸割符法を廃し,相対 (あいたい) 売買を採用したが,競売により価格が高騰したため,市法売買法を行うこととした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市法売買の関連キーワード金森頼業乾英宗単道具屋節板倉重冬奥平昌章兼道(2)国包(2代)細川利昌松平輝綱