コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布施松翁 ふせしょうおう

2件 の用語解説(布施松翁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布施松翁
ふせしょうおう

[生]享保10(1725)
[没]天明4(1784)
江戸時代中期の心学者。名は矩道,通称は松葉屋伊右衛門。京都の呉服商の子に生れ,京都松原辺に住み,心学を手島堵庵,富岡以直らに学んだものと推察されるほかは,履歴未詳。著書に『西岡孝子行状聞書』 (1770) ,『松翁ひとりごと』 (96) ,『松翁道話』 (5編 15巻,第1編は 1812~14,第2編以下は 16以後) があるが,特に『松翁道話』は柴田鳩翁の『鳩翁道話』とともに江戸時代の通俗教育書の双璧と称される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

布施松翁 ふせ-しょうおう

1726*-1784 江戸時代中期の心学者。
享保(きょうほう)10年12月22日生まれ。家は代々京都の呉服商。富岡以直,手島堵庵(とあん)にまなび,近畿地方を遊説して心学をひろめた。学風は老荘・仏教思想的色彩がこい。天明4年7月7日死去。60歳。名は矩道。通称は松葉屋伊右衛門。著作に「松翁道話」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

布施松翁の関連キーワード嬉野次郎左衛門ピョートル谷木因新井白石エカチェリーナクライブスカルラッティ鈴木春信近松半二十寸見河東

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone