コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布目紙 ヌノメガミ

デジタル大辞泉の解説

ぬのめ‐がみ【布目紙】

布目模様があらわれるように加工した紙。羅文紙(らもんし)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

布目紙【ぬのめがみ】

和紙の一種で,麻,絹などの布目模様を型付けした紙。筆記用,便せん用など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぬのめがみ【布目紙】

布目の模様が現れている紙。羅文紙らもんし

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

布目紙
ぬのめがみ

紙面に簀(す)の目でなく、布目模様を表した紙のこと。紗(しゃ)を使った手漉(す)きのものは、間似合(まにあい)紙(名塩紙(なじおがみ))に多くみられる。金箔(きんぱく)を押して、巻物の表紙裏や手鑑(てかがみ)の見返しなどに用いられる。羅紋紙(らもんし)(薄絹の綾(あや)文様を漉き入れた紙)もこの一種とみられるが、この製法はつまびらかでない。布目紙の名は、1603年(慶長8)刊『日葡(にっぽ)辞書』にすでに採録されている。現在でも手漉き和紙の生(なま)乾きのときに、布をかぶせて上から押してつくられている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の布目紙の言及

【和紙】より

…またミツマタ繊維に金銀粉や雲母などを絡み合わせて,漉き合わせる装飾もよく用いられる。(8)布目(ぬのめ)紙 漉き上げたぬれ紙を紙床(しと)に重ねる際,粗い布目を敷いて圧搾して布目の凹凸をつける。漁網のように粗いものから,絹布まで種類がある。…

※「布目紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

布目紙の関連キーワード王朝紙和紙

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android