コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布良 めら

2件 の用語解説(布良の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布良
めら

千葉県南部,房総半島南端の漁業集落。館山市に属する。かつてはマグロ遠洋漁業の拠点として繁栄した。海食台地で岩礁が多く,潜水によるアワビサザエ,エビなどの漁獲が多い。南房総国定公園に属し,房総フラワーラインが通る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

布良
めら

千葉県南部、館山(たてやま)市の一地区。太平洋に面する岩礁地帯に位置する。突棒(つきんぼう)漁業が行われていたことで知られ、磯根(いそね)漁業の水揚げも多い。安房(あわ)自然村が開発され、村内に県指定天然記念物の海食洞と鍾乳(しょうにゅう)石や温泉がある。南房総(みなみぼうそう)国定公園に属する。[山村順次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

布良の関連キーワード白浜御宿館山房総館山市立博物館分館千葉県南房総市大井千葉県南房総市加茂千葉県南房総市久保千倉〈町〉和田〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

布良の関連情報