コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆柱山 ほばしらやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帆柱山
ほばしらやま

福岡県北東部,北九州市八幡西区にある山。標高 488m。神功皇后朝鮮出兵のとき,この山から帆柱材を切り出したのが山名の由来と伝えられ,東隣の皿倉山などとともに北九州国定公園に属する。頂上からの北九州工業地域の展望がすばらしい。頂上までは北麓からケーブルカーが通じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

帆柱山【ほばしらやま】

福岡県北九州市八幡西区,同東区にまたがる山。標高488m。付近の皿倉山,権現山,花尾山などとともに自然公園になり,市街や洞海湾の展望地。北麓からケーブルカーが通じる。
→関連項目八幡東[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほばしらやま【帆柱山】

福岡県北九州市八幡西区と八幡東区の境付近の市街地背後にそびえる山。標高488m。山名は神功皇后朝鮮出兵の際,帆柱材を切り出したのに由来するという。東に続く権現山(617m),皿倉山(622m),花尾山(351m)などを含めて帆柱山と総称することもあり,皿倉山を中心に一帯は北九州国定公園と帆柱自然公園に含まれ,市民に親しまれている。ケーブルカーと登山道路が通じ,テレビ塔の林立する皿倉山山頂からは玄界灘が望まれ,北九州市街の夜景もみごとである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帆柱山の関連キーワード福岡県北九州市八幡西区

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帆柱山の関連情報