コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞海湾 どうかいわん

7件 の用語解説(洞海湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洞海湾
どうかいわん

福岡県北東部,響灘に面する内湾。東西約 8km,南北 0.5~0.9km。南の皿倉山 (622m) と北の石峰山 (303m) の間にある地溝帯が沈水して形成されたもの。若松,八幡,戸畑の3港があり,総称して洞海港とも呼ばれ,1964年指定の特定重要港湾北九州港の一部をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どうかい‐わん【洞海湾】

福岡県北九州市八幡東八幡西・戸畑と若松の間にある入り江。東西に細長く、もとは洞海(くきのうみ)とよばれた。湾口付近に若戸大橋が架かる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

洞海湾【どうかいわん】

福岡県北九州市若松・戸畑・八幡東・八幡西4区にわたる湾。古くは洞海(くきのうみ)と呼ばれた航路で,南岸の黒崎,湾口の若松両港が繁栄。明治中期から近代的築港が始まり,北九州工業地帯の発展とともに工業用地の埋立が進み,海面はほぼ半減した。
→関連項目北九州[市]北九州工業地帯八幡西[区]若松[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

どうかいわん【洞海湾】

福岡県北東部,北九州市の若松,戸畑,八幡東,八幡西4区に囲まれた湾。石峰・皿倉両山塊間の地溝が入海となったもので,東西に細長く,湾奥まで約8kmある。古くは洞海(くきのうみ)とか大渡(おおわたり)川とよばれ,水深3~4m,幅1.5~2kmの浅瀬や藻場の多い好漁場であった。また湾奥から江川および1762年(宝暦12)完成の堀川運河により遠賀(おんが)川と結ばれ,江戸時代,南岸の黒崎は港宿場町,湾口西岸の若松は藩米,石炭の積出港として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうかいわん【洞海湾】

福岡県北九州市にある入り江。若松・戸畑・八幡東・八幡西の四区に囲まれ、湾口に若戸大橋がある。沿岸には大工場が立ち並ぶ。くきのうみ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕洞海湾(どうかいわん)


福岡県北東部、北九州市若松(わかまつ)区・八幡(やはた)西区・八幡東区・戸畑(とばた)区に囲まれた湾。幅約0.3~1km、東西約7km。北東部は関門(かんもん)海峡の西口の若松航路に繋(つな)がる。古くは洞海(くきのうみ)とよばれた内湾。幕末から筑豊(ちくほう)炭田の積み出し港となり、明治期以降は沿岸埋め立て地に製鉄所ほか大規模な重化学工場が立地、北九州工業地帯の中核として発展。特定重要港湾の関門港の若松港区に含まれ、湾口に若戸大橋が架かる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洞海湾
どうかいわん

福岡県北部、北九州市の若松(わかまつ)、戸畑(とばた)、八幡東(やはたひがし)、八幡西の4区に囲まれた湾。石峰(いしみね)、皿倉(さらくら)両山塊間の地溝が沈水したもので、東西に細長く延び、古くは洞海(くきのうみ)とよばれた。現在は、北九州工業地帯の形成過程で半分以上が埋め立てられ、長さ約8キロメートル、幅約1~2キロメートルの運河状を呈する。藩政時代の1758年(宝暦8)、堀川(ほりかわ)運河の完成によって遠賀(おんが)川と結ばれ、若松港まで川(かわひらた)(木製の底の平たい舟)による筑豊(ちくほう)炭の輸送が盛んとなり、石炭運搬路としての性格を強めた。1891年(明治24)若松―直方(のおがた)間の鉄道開通以降、1901年創業の八幡製鉄所(現、新日鉄住金)をはじめ、旭硝子(あさひガラス)、三菱(みつびし)化成(現、三菱化学)、黒崎窯業(ようぎょう)(現、黒崎播磨(はりま))、安川電機など多数の大工場が、沿岸埋立地に立地して北九州工業地帯の中核となり、現在はその動脈的役割を果たしている。港としては1964年(昭和39)に統合された関門(かんもん)港(北九州港)の若松港区に属する。工業の発展に伴い沿岸の大工場からの排水や、都市排水などで著しく汚染されて死の海となっていたが、1973年以降約35万立方メートルのヘドロの浚渫(しゅんせつ)や排水基準の強化などで浄化活動が進み、魚類も戻ってきた。湾口付近に1962年若戸(わかと)大橋が完成し、湾口部の混雑の緩和に役だっている。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洞海湾の関連キーワード福岡県北九州市若松区有毛福岡県北九州市若松区安屋福岡県北九州市若松区老松福岡県北九州市若松区小竹福岡県北九州市若松区竹並福岡県北九州市若松区浜町福岡県北九州市若松区深町福岡県北九州市若松区本町福岡県北九州市八幡東区若松福岡県北九州市若松区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洞海湾の関連情報