コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

師楽遺跡 しらくいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

師楽遺跡
しらくいせき

岡山県瀬戸内市南東部の師楽にある,師楽式土器の名祖遺跡。時実黙水が注目し,1929年水原岩太郎らとともに発掘を行ない,おびただしい土器片の堆積を発見した。時実,水原らは研究を進め,瀬戸内の海辺に広く分布する特殊な土器であることを明らかにした。その後,香川県喜兵衛島の発掘を通じて,師楽式土器は製塩煎熬 (せんごう) という工程に使用された土器であることが判明し,その祖形は弥生時代中期にさかのぼり,末裔は奈良時代に下り,同類も青森県から熊本県にまで分布することが知られるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android