コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

師楽式土器 しらくしきどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

師楽式土器
しらくしきどき

岡山県瀬戸内市の師楽遺跡から出土した土器を標式とする古墳時代製塩土器備讃瀬戸を中心とする瀬戸内海海浜島嶼をはじめ,北陸,東海,東北地方の海岸部に広く分布する。小型で器壁の薄いものが多く,条痕文や格子目の叩文を有し,深鉢形,かめ形を主体としながら台付きの杯などの変化がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しらくしきどき【師楽式土器】

主に瀬戸内海の沿岸部を中心に分布する土器。鉢形の薄手粗製土器で、弥生時代から平安時代にかけての製塩用の海水を煮つめる用具。岡山県南東部、瀬戸内市牛窓町師楽にちなむ命名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

師楽式土器
しらくしきどき

備讃(びさん)瀬戸地方の沿岸、島嶼(とうしょ)部の遺跡に限って大量に発見される焼けただれた薄手粗製土器。1929年(昭和4)水原岩太郎が岡山県邑久(おく)郡牛窓(うしまど)町(現、瀬戸内市)師楽遺跡からこの名をつけたが、用途は長く謎(なぞ)であった。近藤義郎らによる香川県直島町喜兵衛島(きべえじま)遺跡群の調査で、弥生(やよい)時代後期以降、ことに古墳時代中期から後期の製塩用具であることが立証され、また類似の土器製塩は平安時代初期まで、日本各地の沿岸部で盛んであったことが明らかになり、「師楽式土器」はいまでは学史的用語となった。[石部正志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

師楽式土器の関連キーワード岡山県瀬戸内市瀬戸内(市)近藤義郎井島遺跡平安時代弥生時代用具

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android