帰寂(読み)キジャク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (寂静の本元に帰る意から) 人が死ぬこと。特に、僧侶が死ぬこと。入寂。入滅。帰元。
※神皇正統記(1339‐43)上「帰寂(キジャク)ありしかば、司空(しこう)の官を贈らる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報