コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死ぬ シヌ

デジタル大辞泉の解説

し・ぬ【死ぬ】

[動ナ五][文][ナ四・ナ変]《古くはナ行変格活用。室町時代ころからナ行四段活用が見られるようになり、江戸時代には二つの活用が並存。明治以降はナ行四段(五段)活用が一般的になったが、なお「死ぬる」「死ぬれ(ば)」などナ行変格活用が用いられることもある》
命がなくなる。息が絶える。また、自ら命を断つ。「交通事故で―・ぬ」「世をはかなんで―・ぬ」「―・ぬか生きるかの大問題」「―・ぬほどの苦しみ」「―・んでも言えない」⇔生きる
そのもの本来の力や働きが果たされなかったり、うまく利用されなかったりする状態になる。活用されなくなる。「―・んだ金」
そのものがもっている生命感や価値がなくなる。生き生きしたところが失われる。生気がなくなる。「陳列する場所を誤るとせっかくの絵も―・んでしまう」「目が―・んでいる」
動きなどがなくなる。やむ。「風が―・ぬ」
囲碁で、敵の石に囲まれて取られる。⇔生きる
野球で、アウトになる。「一塁で―・ぬ」⇔生きる
[可能]しねる
[補説]「死ぬ」の語尾は、完了の助動詞「ぬ」と同じなので、死んでしまうというのが原義。したがって平安時代までは助動詞「ぬ」は「死ぬ」に付くことがなかった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しぬ【死ぬ】

( 動五 ) [文] ナ四・ナ変 し・ぬ
呼吸や脈がとまり、命がなくなる。 ↔ 生まれる 「寿命をまっとうして-・ぬ」 「病気で-・ぬ」 「 - ・んだ気になれば何でもできる」 「命-・ぬべく恋ひ渡るかも/万葉集 599
活気がなくなる。いきいきとした勢いをなくしている。 「 - ・んだ字を書く」 「目が-・んでいる」
そのものの持つ力が発揮されなくなる。役に立たなくなる。 「右の利き腕が-・んでいる」 「素材の持ち味が-・んでいる」
動きが止まる。 「今朝は東にも西にも、全く風は-・んでゐる/日本北アルプス縦断記 烏水
囲碁で、相手に自分の石を囲まれて取られる。 「隅の十目が-・ぬ」
野球で、アウトになる。 ↔ 生きる 「同点の走者が-・ぬ」
[可能] しねる
〔活用は古くはナ行変格活用であったが、中世後期ごろからナ行四段に活用した例が見られるようになる。近世には、四段活用化が進んだが、近世前期の上方語では、四段活用とともにナ行変格活用もなお用いられた。近世後期の江戸語では、四段活用が主流となったが、なお一部にはナ行変格活用も用いられた。明治以降は四段活用がいっそう一般化し、現代語では「しぬ(死ぬ)」の活用は、一般に五段活用(四段活用の改称)とされている。もっとも、明治以降でも、「死ぬること」などの形で、ナ行変格の残存形がときに用いられることがある〕
[慣用] 畳の上で-

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

死ぬの関連キーワード白玉楼中の人となる刑場の露と消える刀下の鬼となる永い眠りにつく泉下の客となる不帰の客となるおめでたくなる天寿を全うする此の世の別れ息を引き取るナ行変格活用四大空に帰す神に召される命を落とす命が尽きる故人となる没前・歿前死を決する巨星墜つ歯を没す

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死ぬの関連情報