コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御陀仏 オダブツ

デジタル大辞泉の解説

お‐だぶつ【×陀仏】

《往生際に阿弥陀仏(あみだぶつ)の名を唱える意から》
死ぬこと。「この高さから落ちたらお陀仏だ」
物事がだめになること。また、失敗に終わること。「計画がお陀仏になる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おだぶつ【御陀仏】

〔阿弥陀仏を唱えて往生する意〕
死ぬこと。 「ここから落ちたら-だ」
物事に失敗してだめになること。 「すべてが-になる」
腐ってだめになること。 「いや、この魚は-だぜ/滑稽本・膝栗毛 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御陀仏の関連キーワード滑稽本陀仏

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android