コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帽状腱膜下出血 ぼうじょうけんまくかしゅっけつSubaponeurotic Hematoma, Subgaleal Hemorrhage

1件 の用語解説(帽状腱膜下出血の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぼうじょうけんまくかしゅっけつ【帽状腱膜下出血 Subaponeurotic Hematoma, Subgaleal Hemorrhage】

[どんな病気か]
 帽状腱膜は頭皮(とうひ)の下にあり、頭蓋骨(ずがいこつ)を帽子のように包んでいる組織です。吸引分娩(きゅういんぶんべん)や鉗子分娩(かんしぶんべん)の際に大きな外力が頭皮にかかると、この帽状腱膜と骨膜の間に出血がおこることがあります。これが帽状腱膜下血腫です。
[症状]
 出産直後はわかりませんが、生後数時間から1日のうちに出血がすすみ、頭の皮下が腫(は)れてきます。血液がにじむため、皮膚の色は暗赤色にみえます。腫れは頭蓋骨の骨縫合(こつほうごう)(骨の継ぎ目)をこえて広がり、頭の大きさがひとまわり大きくなったようにみえることがあります。
 貧血やショック状態におちいることもあるため、早く症状に気づくことがたいせつです。また、大量出血のために播種性血管内血液凝固症候群(はしゅせいけっかんないけつえきぎょうこしょうこうぐん)をおこし、出血が止まらなくなって死亡する可能性もあります。さらに、大量の血液の破壊と吸収は強い黄疸(おうだん)をおこす原因にもなります。
[治療]
 出血による貧血に対しては輸血が必要です。ショック状態となり、血圧低下や二次的な全身状態の悪化をおこした場合は輸液や昇圧薬などによる薬物療法が行なわれます。
 黄疸には光線療法のほか、ときには交換輸血が必要です(コラム新生児黄疸」)。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone