コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉗子分娩 かんしぶんべん

7件 の用語解説(鉗子分娩の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

かんしぶんべん【鉗子分娩】

産科鉗子という金属製の器具を胎児の頭にかけ、引き出す分娩方法です。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんし‐ぶんべん【×鉗子分×娩】

産科鉗子で胎児の頭を挟み、引っ張って分娩させること。胎児や母体に危険がおよぶと考えられる場合に行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉗子分娩【かんしぶんべん】

産科鉗子を用いて胎児の頭をはさんで引き出し,急速に分娩させること。母体の陣痛微弱,胎児の骨盤内回転異常などで,分娩の進行が悪いとき,母体に心臓その他の病気があって,早く分娩を終了させたいとき,胎児が子宮内で仮死の徴候があるときその他,母体または胎児が危険な場合などに行う。
→関連項目賀川玄悦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんしぶんべん【鉗子分娩 forceps delivery】

鉗子という篦(へら)状の器械で胎児の頭部を挟み,牽引して胎児を速やかに娩出させる人工分娩法。鉗子分娩行われるのは通常,分娩の進行が停止し,胎児が弱ってきて(胎児仮死),速く産ませないと危険な場合である。そのような危険は,主として産道の出口部が狭い場合,児頭の回旋異常とくに低在横定位,分娩遷延によって起こる。かつては開腹による帝王切開術が母親にとって危険であったために,鉗子分娩が盛んに行われたが,今日では帝王切開がきわめて安全に行えるようになったので,鉗子分娩を行う頻度は多い施設でも5%程度にすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんしぶんべん【鉗子分娩】

母体または胎児に危険がある場合、産科鉗子で胎児の頭をはさんで引っ張って分娩させること。 → 吸引分娩

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉗子分娩
かんしぶんべん
forceps delivery

出産の途中で胎児が仮死状態などの異常を来したり,微弱陣痛の場合に行なわれる分娩法。鉗子で胎児の頭を両側から挟み,ゆっくり引っ張り出す方法で,以前,新生児の頭蓋内出血や知能障害などを起こして問題になったこともあり,慎重に行なわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉗子分娩
かんしぶんべん

2葉の金属製へらからなる鉗子によって児頭を挟んで牽引(けんいん)し、娩出力を増強させて胎児の娩出を図ることをいう。自然娩出を待っていると母体あるいは胎児に障害が増すと考えられる場合に、急いで娩出させる方法の一つである。鉗子分娩を行う母体側の因子としては、母体に心疾患や肺疾患などがあって長時間いきむことが害になるときや、うまくいきめないときなどがあり、胎児側の因子としては、臍帯(さいたい)が先に出てくる臍帯脱出、娩出前に胎盤の一部が剥離(はくり)する常位胎盤早期剥離、あるいは胎児心拍数に異常をきたして胎児が苦しがっている胎児仮死のときなどがある。このほか、陣痛が十分強くない陣痛微弱、児頭が下降しながら行われるべき回旋がうまくいかない回旋異常、あるいは産道の広さが児頭の大きさに比べて十分広くない児頭骨盤不均衡が軽度にある場合などがあげられ、分娩の進行が遅い難産のときにも用いられる。
 鉗子分娩を行うためには条件がそろっている必要があり、児頭の最大部分が骨盤入口部より下降していて、骨盤の広さが十分であり、子宮頸管(けいかん)が全開大(10センチメートル開大)していて、卵膜が破れて破水していなければならない。この条件が整っていない場合は、帝王切開が行われる。
 なお、骨盤位(さかご)分娩には、最後に娩出される児頭に後続児頭鉗子が用いられる。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉗子分娩の関連キーワード骨盤位超音波検査胎児胎児機能不全産科鉗子胚体外組織子宮内栄養不良ハーゼの法則分娩停止前頭位

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉗子分娩の関連情報