コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幇/幫/帮 パン

デジタル大辞泉の解説

パン【幇/幫/帮】

《〈中国語〉》中華人民共和国成立以前の中国における同業者・同郷者などの相互扶助組合。また、これに類似した団体。厳格な規約があり、強い団結力で外部勢力に対抗した。

ほう【幇】[漢字項目]

[音]ホウ(ハウ)(呉)(漢)
わきから助ける。「幇間幇助
[補説]「幫」は本字。
[難読]青幇(チンパン)紅幇(ホンパン)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の幇/幫/帮の言及

【ギルド】より

…古くから文献にみえる,社や会あるいは社会と称される共通の祭祀を中核とした擬制氏族的集会がいわば古式ギルドにあたるが,唐・宋以後になると,都市内部にも各種の社,会が出現する。それは科挙の同期会白蓮社や金剛会のような宗教・秘密結社から,政治的には胥吏(しより)や輸送業者の集団まで多種多様で,呼称も時代が下ると幇(パン)の字が多く使われた。さらに,宋以後の統一帝国の安定,全国市場を対象とした商工業の盛行とともに,各地に同郷集団の集会所である会館が出現したことが特徴的である。…

※「幇/幫/帮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幇/幫/帮の関連キーワードホワンクオシュー(黄果樹)瀑布桜川 善平(3代目)ペイパン(北盤)江四・一二クーデタ悠玄亭 玉介内乱幇助罪中村吉兵衛松廼屋露八村田半兵衛三十六字母青幇・清幇悠玄亭玉介秘密結社太鼓持ちつるつる桜川甚好男芸者太鼓持陳其美杜月笙

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android